JUI BRILLIQUE
ホーム Home
日記 Diary
わんこ Dogs
ショー Show
子犬 Puppies
管理人 Owner
リンク Link
ご連絡 Mail

          ホーム > 日記
          

   ルルご懐妊♪

2008年10月01日(水)

   オフ会

2008年10月05日(日)

   切なアピール

2008年10月07日(火)

   秋です

2008年10月19日(日)

   生肉、食ってます。

2008年10月20日(月)

   ロイの悲劇

2008年10月22日(水)

今日はロイの様子がおかしくて、心配しっぱなし動転しっぱなしの一日でした。

どうおかしいかというと、元気がなくて、歩こうとせずジッとお座り。

小さくカタカタ震えて、不安そうに身を寄せてきます。

おひざに抱っこしてほしいと訴えるので、体を持ち上げようと手を伸ばすと、

「ひゃーー!!」 と言って痛がります・・・



どうしたんだろう? 怪我したのかな? 具合が悪いのかな?

足を曲げ伸ばししたり、全身をチェックしましたが、特に変わった様子はありません。

熱を測っても平熱だし、聴診器を当ててもよく分からないし。



母に朝一番で病院へ行ってもらうようお願いし、私は後ろ髪を引かれる思いで仕事に出ました。

元気がないといっても、すぐにどうこうなる様子ではなかったし、大丈夫と思ってはいたのですが、

自分で思っているよりずっと動揺していたみたいです。

変なミスばっかりして、仲間に心配されてしまいました(^_^;)



結局、病院では 「軽い頚椎捻挫ではないか」 ということで、痛み止めの注射をしました。

言われてみれば、むちうち症の人のような動きだったかも・・・

でもいつ、なぜ捻挫? 激しい運動をしてたわけでもないのに。 寝違えたとか?

夕方に帰宅した頃には、注射が効いたのかかなり回復していました。



病気とかでなくて本当に良かった!

一人っ子状態で甘え放題だったロイも、ちょっと嬉しそうです(頚は痛いけど)。

ロイくん、大変だと思うけど、もうしばらくお母ちゃんと安静にしてような。


Comment(0)   

   ロイくん復活!

2008年10月23日(木)

   X線検査

2008年10月25日(土)

   新しい家族

2008年10月30日(木)

土曜日にルルさんのX線をとり、生まれるのは11月かなと思った矢先。

10月26日の日曜午前、新しい家族が誕生しました。

でも・・・

元気な産声を聞くことができたのは、最後に生まれた女の子だけでした。



はじめの二日は何が何だか分からなくて、

病院の先生に 「申し訳ないことしたね・・・」って言われても、

「いえ・・・」 なんて気のない返事をしていました。



三日目になって、涙が出ました。

一人でいると息苦しくなって、道を歩いていても電車に乗っていても、

ぐるぐるぐるぐる同じことを堂々めぐりに考えて、身動きが取れなくなりました。



五日目の今日には、少し整理がついてきたように感じて、日記を書くことにしました。

それでも、何かを書こうとすると混乱して、すぐに手が止まります。



今私がやらなければいけないことは。

動き出した命、消えていった命、一人一人へ精一杯の愛情を注ぎ、何をすべきか考えること。

そしてその一方で、一つ一つの原因を冷静に分析すること。



でも、分かっていても、そんなに簡単には感情が追いつきません。

そういうとき、一緒になって心を痛めて、話を聞いてくれる人たちの優しさが、

すごく嬉しくて、すごく悲しくて、すごく有り難くて、

なんてお礼を言ったらいいんだろう。

みんなのおかげで、私は自分でも意外なぐらい早く、笑うことができるようになりました。

ちょっと薄情かな・・・?





明日からは、ルルの赤ちゃんが元気に育っている話をたくさん書きたいと思います。

そのために、今日だけはガラにもない悲しい日記になってしまったこと、どうか許してください。



そして最後に、日曜の朝早くから駆けつけてくださったありんこママさん。

おかげさまで、赤ちゃんはスクスクぷりぷり成長しています。

本当にありがとうございました!


Comment(2)   

   赤ちゃん

2008年10月31日(金)




日記のトップへ  ホームへ